初節句お祝いマナー【初節句(男の子・女の子)祝金・金額相場・内祝い】

3月, 5月, お礼状, お祝い, お返し, マナー, 内祝い, , 初節句, 子供, 慶事, , 祝儀, 祝儀袋, , 贈答品

健やかな成長を願う初節句祝い

初節句は、赤ちゃんが生まれて、最初にむかえる節句のことです。
男の子は端午の節句(5月5日)、女の子は桃の節句(3月3日)。

初節句は、赤ちゃんが健康ですくすくと成長する事を願い、そして厄除けを願う行事です。

一生に一度限りの初節句祝い、ご家族皆様で盛大にお祝いしてあげましょう!

※当ページ記載している事例は、あくまでも目安として、ご利用ください。
 冠婚葬祭のマナーは、地域や宗教によっても大きく異なります。

初節句祝いの注意点

生まれて3ヵ月までに初節句を迎える場合は、ご家庭の判断で、翌年の節句にお祝いすることが多いようです。

最近では、神社で祝詞をあげていただくことも多くなっています。
その場合は、予約と神社へのお礼の金額(決まっているところが多い)の確認しておく必要がありますが、目安は3,000円~5,000円程度です。

お祝いは、赤ちゃん・両親・祖父母でお祝いすることが一般的になっています。

お祝いをいただいた方へのお礼としてお招きし、おもてなしすることもあります。

初節句祝いを贈る時期

初節句の数ヶ月前~10日前まで。

飾り物を贈る場合は、遅くとも1ヵ月前には届くようにしましょう。

お祝い金額の目安(相場)

贈る側 贈る金額
祖父母 20,000円程度
その他親類 5,000円~10,000円
友人・知人 5,000円程度

※上記は、あくまでも目安としてください。不安な場合は、多めにしましょう。

祝儀袋・のし紙表書き

水引:紅白の蝶結び
表書き:祝初節句・初節句御祝・御祝

祝儀袋の表書きの方法や、お札の入れ方などの詳細は以下のページでご覧ください。

 

お祝いの品選びも悩みのタネ!

初節句では、祖父母の皆さんが、並々ならぬ思い入れをもって、男の子には鎧兜、鯉のぼり、五月人形、そして女の子にはひな人形などを贈ります。

結構大きな物が多いので、飾る場所、収納場所なども考える必要があり、親の意向を聞くという事もお忘れないようにしましょう。

「赤ちゃんを思う心が一番!」大きさは関係ありませんよ!

贈答品の選び方(身内編)

祖父母からは、鎧兜、鯉のぼり、雛人形を贈る事が多いようです。

飾り物は、母方の実家から贈るという慣わしがありますが、最近は、飾り物も大変高価になり、経済的負担も大きく、両家で話し合って分担するケースも増えています。

サイドボードの上に飾れるものや、ガラスケースに入ったものなども多数あるので、事前に親の意向を必ず確認し、住宅事情にあった飾り物を贈るようにしましょう。

現金やギフト券のほうが、喜ばれる…という事もあります。

初節句のお祝いを選ぶなら!楽天市場

贈答品の選び方(その他親類・友人・知人編)

おもちゃやぬいぐるみ、初節句にちなんだお菓子などが一般的です。
現金を贈ってもよい。

 

初節句の内祝い

本来は、お返しは不要ですが、初節句のお祝いに招待できない場合は、「内祝い」として、柏餅・赤飯・紅白砂糖・かつお節などを贈るのが定番です。

報告を兼ねた、お礼状を出すことも考えられます。
その場合は、節句のお飾りと一緒に写った子供の笑顔の写真を添えると、より丁寧です。

内祝いのマナー

内祝いのマナーを守って、しっかりと感謝の気持ちが先方に伝わるようにしましょう。

内祝いを贈る時期 記念日から1ヶ月以内を目安に
内祝い金額の目安 お祝いの半額程度
内祝いの水引 紅白の蝶結び
のし表書き 内祝いとし、親の名前を書く

初節句の内祝いを探すなら!楽天市場|おくりものナビ