災害

災害見舞いのマナー

 
 
カスタム検索
 
 
 

災害見舞いのマナーのページ

地震・台風・火災・洪水・大雪などの災害は、何時誰を襲うかわかりません。

不運にも災害に直面した人は、財産を消失するなどの被害だけでなく
精神的にも大きな打撃を受けます。

災害の程度にもよりますが、被災した人にとっては、すぐに駆けつけ、励まし、
手伝いをしてくれる事が、一番のお見舞いであることは間違いありません。

可能であれば、自宅に避難してもらったり、小さな子どもやお年寄りを預かる事も
大きな助けになります。

しかし遠方の場合は、なかなかそう言う訳にもきません。
まず安否の確認をとり、必要なものを贈ってあげる事を最優先に考えましょう。

大規模の災害の場合は、連絡が取れないという事態も考えられます。
その場合は、テレビや新聞、インターネットの情報を収集し、冷静に判断して
行動しましょう。

もし自分が災害に逢ったら...。

自分事として考え、最大限の応援をしましょう。


このページのコンテンツ一覧

◆災害見舞いの注意点
◆災害見舞いを贈る時期
◆災害見舞いの金額の目安
◆災害見舞いの金封
◆災害見舞い品の選び方
◆お返しはどうする?

 

◆注意点

生活事態が困難な状況も考えられます。
出来る限り早く、生活に必要な品物を贈ってあげる事が大切です。

必要なものは、日々状況に応じて変わっていきます、一回のみならず、
その都度必要なものを贈りましょう。

連絡が取れるようであれば、必要なものを確認しましょう。

お見舞金を贈る場合は、被災直後ではなく、
ある程度落ち着いてからの方が良いかも知れません。(状況に応じての判断が必要。)

◆贈る時期

早ければ早いほど良い。

                       災害見舞いにも最適!楽天市場「防災グッツ特集」

 

 

◆金額の目安

贈る側 贈る金額
100,000円程度
子ども 100,000円程度
祖父母 100,000円程度
兄弟姉妹 100,000円程度
その他親類 50,000円程度
友人・知人 50,000円程度
会社関係 20,000円〜50,000円

※上記は、あくまでも目安としてください。
  災害の規模などにより異なります。


◆金封

金封:白無地の袋(封筒など)

表書き:御見舞

◆見舞い品の選び方

お見舞いとして品物を贈る場合は、水、日持ちのする食料品、
下着や衣類、寝具、タオル、医薬品、ウェットティッシュ、ビニール袋、
ラジオつき懐中電灯、カイロ、電池類など、

すぐに役立つものが良いでしょう。

連絡が取れるなら、確認のうえ対応しましょう。

                        災害見舞いにも最適!楽天市場「防災グッツ特集」
   

◆お返しはどうする?

基本的にお見舞いのお返しは、必要ありません。

落ち着いた段階で、感謝の気持ちを込めてお礼状を送りましょう。

HOME>災害見舞い

 

ご利用の注意事項
冠婚葬祭のマナー
出産のお祝い
初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学のお祝い
卒業・就職のお祝い
成人式のお祝い
結婚のお祝い
結婚記念日のお祝い
栄転・昇進のお祝い
新築のお祝い
引越しのお祝い
定年退職のお祝い
開業・開店のお祝い
長寿のお祝い
病気・けが見舞い
災害見舞い
香典・供物
香典返し
法要の供物料・供物
水引・表書き
お中元・お歳暮マナー
挨拶状のマナー
喪中はがきのマナー
年賀状のマナー
退職挨拶状のマナー
引越し挨拶のマナー
移転・転居通知
暑中・残暑見舞い
   
ヨモヤマ話@
  最愛の家族のお話
ヨモヤマ話A
  愛犬「はる」の事件簿
   
お役立ち相互リンク集
相互リンクについて
プロフィール

Copyright(C)  冠婚葬祭の知恵袋ホームページ  All Rights Reserved